Microsoft Access 2019の新機能

2018年10月にリリースされたAccessは、Office Professional 2019の永久ライセンスとして利用できます。 E1およびBusiness Essentialsを除き、一部のOffice 365プランの一部としても使用できますが、Windows PCでのみ機能し、他のデバイスでは機能しません。

Instant Download Microsoft Access 2019 , Microsoft Office Full ...

 

Access 2019はAccess 2016と大きく異なりますか?

まず、Office 365のサブスクライバーは、一部の更新プログラムが含まれているため、既に多くの新機能を利用している可能性があることに言及することが重要です。これは、Microsoftが将来Officeをどのように扱うかを示すヒントかもしれません。 Windows 10のように、新しいバージョンはリリースされませんが、新しい機能は更新プログラムと共に追加されます。Office2019が最後のバージョンであり、将来的には単にOffice 365になる可能性があります。

そのため、一見したところ、Access 2019は2016年と2013年に非常によく似ています。これらのバージョンのいずれかに慣れているユーザーは、再トレーニングする必要はありません。

Access 2019中的现代图表Access 2019のモダンチャート

最大の新機能は、モダンチャートの導入です。以前のバージョンを使用したことのある人なら誰でも、作り付けのグラフがとても古く、懐かしさを感じることがわかるでしょう。
新しいグラフは、最近のバージョンのExcelで見られるグラフに似ています。 一連のチャートには、列(クラスター化、積み上げ、100%積み上げ)、ライン(ライン、積み上げ線、100%積み上げ線)、バー(クラスター化バー、積み上げバー、100%積み上げバー)、パイ、コンボが含まれます。

グラフの書式設定は、Accessプロパティシートとかなり直感的なグラフ設定ペインを使用して行われるため、Excelでグラフを書式設定する場合とは少し異なります。チャートの色やテーマを変更する機能は、チャートによって異なるようです。

古いデータベースバージョンからアップグレードする場合は、心配する必要はありません。古いチャート機能はすべて残っているので、「クラシック」チャートと一緒に新しいチャートを使用して、必要に応じて新しいチャートに移動できます。

ビッグナンバーのサポート

ビッグナンバーが好きな人のために、MicrosoftはAccess 2019にビッグナンバーと呼ばれる新しいデータ型を導入しました。このデータ型は-2 ^ 63から+ 2 ^ 63までの数字をサポートするようになりました。それは-2 ^ 31から+ 2 ^ 31までです。これは、AccessがODBCのSQL_BIGINTデータ型と互換性を持たせるためであり、2 ^ 63がどのように見えるか疑問に思った場合、9,223,372,036,854,775,807

このデータ型を設定するときは、データベースが以前のバージョンのAccessと互換性がなく、元に戻せないことを意味するため、注意してください。

この大きい数のデータ型を使用すると、BIGINTデータ型を使用するSQL Serverデータベースからリンクまたはインポートできます。ただし、「リンク/インポートされたテーブルのBigintデータ型のサポート」を設定して、リンクおよびインポート操作のサポートを有効にする必要があります。

アクセシビリティの改善

Windowsナレーターなどの支援技術を使用する視覚障害のあるユーザーには、多くの改善点があります。次の機能が認識され、読み取れるようになりました。

  • データシートの列にあるフィルターメニューの矢印
  • ルックアップボックスまたはコンボボックスに複数の列がある場合、ルックアップボックスとコンボボックスの状態、つまり展開されているかどうかなど、行全体を認識して読み取ることができます。
  • ダイアログボックスのオプショングループ名、および選択されているかどうか。

ナレーションのその他の多くの改善が行われました:

  • 支援技術は、フォーム、レポート、およびデータコントロール(タブコントロールやチェックボックスなど)のより多くのコントロール要素を呼び出します。
  • Windowsナレーターのナビゲーションが改善され、左右の矢印を使用してラジオボタンに移動し、スペースバーまたはEnterキーを使用してボタンを切り替えることができるようになりました。
  • フォームデータシート、クエリ、またはテーブルに表示される列名を読み取る機能が優れているはずです。

SalesforceおよびMicrosoft Dynamicsへのコネクタ

サードパーティのクラウドサービスの使用の増加を認識して、Microsoftは[外部データ]タブに「オンラインサービスから」という新しいセクションを追加しました。

このセクションにSharePointリストやデータサービスなどの既存のソースを含めるだけでなく、Salesforceおよび独自のDynamics 365のソースが含まれるようになりました。

値リストを編集するための新しいキーボードショートカット

Accessの以前のバージョンでは、その場でリストを編集できる値リストがあった場合、リストの下部に小さなアイコンがあり、クリックして編集できました。 Access 2019の新機能では、フォーム上のボックスでCTRL + Eを押すだけで、[リストアイテムの編集]ダイアログボックスが表示されます。

Access 2019のその他の改善点

Access 2019のその他の新機能。

ヘルプにいくつかの改善が加えられ、「あなたがしたいことを教えてください」ボックスが改善されたコンテンツで更新されました。

ODBC接続を使用して外部データソースへの接続を再試行するためのロジックが改善されました。

プロパティシートをアルファベット順に並べ替える機能


投稿順